ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 このチラシの裏には深淵回廊のネタバレがナチュラルに含まれています。
 閲覧される方はご注意ください。













●ルゼット

 26階2日目。
 意外に攻略できるんだなぁという印象。
 レッドボトルは使われるんじゃない、使わせるんだ!

 ところで、リリカルさんと修繕熟練度でデッドヒートを繰り広げているつもりのルゼットさん。
 そろそろプリズムガントレットを修繕できるようになります。

 インフェルトレターになって(スムーズムーブメント以外に)何が嬉しいかって、刀剣が直せることよね(笑)



●ノア&リノア

 ユーリスにダブルエックスを明け渡し、2階危険地帯に篭って何日目だろうね。
 毎日9000~10000ずつぐらい経験値稼いでマス。戦闘4回発生すると12000↑。

 ジョモジョヨクリスが売れなかったのでしょうがなく使ってますが、これでウォークライ→スロウハチトとか、デーモンズ相手になかなか良いです。
 ウォークライから使うと、武器の消耗が激しいのが難点ではございます。


 ところでノア(ロイヤルガード/スレイヤー)が戯れに魔石なんぞ設計してみたら
 c/エナジーストーン
 (-/-/-) - 50 20 20 0 0 0 58 2442en

 攻撃20、命中20。予想外に数字が付きすぎです。値段高すぎ。3桁後半のが欲しかった。


 味を占めてリノア(ウィンドメイジ/ソーサラー)が錫杖などを設計してみるも、
 c/ルーンスタッフ
 (-/-/-) - 70 22 0 0 0 0 46 715en

 こっちは予想外に魔力が伸びず。
 2000enぐらいしてもいいから魔力60~70付いてくれるのを期待したのですが、儘ならんものです。



●ユーリス

 防衛に苦しみながらも、ようやく6階を突破。目的地の8階に到達。
 早くアクスメカニックになりたーい。

 ところで、ルゼット用にミチルさん(242)に斧合成依頼をしていたのですが。
 ほとんど削ってない斧同士で攻撃+84とか叩きだしてくださいました。すげー。

 ユーリスもいずれはこんな斧合成師になれるといいなぁ。
 道は遠そうだ。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-22 14:22 | 深淵回廊
 現在3分の2ぐらいまで読んだ。
 毎日30分~2時間ずつぐらい地道に読み進めてるんだけど、読むのに結構時間がかかるな。
 ここ最近読んでいた本の3~5冊分ぐらいの密度があるような気が。

 だがこの本は良い。
 久々に、自分のメンタリティに大きな変化を受けているのを実感するよ。大学に入った頃以来じゃないか?
 変化……んー、根本は変わらないんだけどね。ちょっと会っただけで分かるような変化はしてないと思う。
 でも自分はこれでいいんだって、迷いがなくなったのが大きい気がするな。

 あと、得たキーワードとしては、『愛』『信頼』『コミュニケーション』。
 この本だけが原因ではないかもしれない(『一瞬で自分を変える法』『だから、部下がついてこない!』の影響もあったかもしれない)し、つい最近の経験が土台になって実感を得たという気もする。
 けど、そのことのメリットを心から納得して、これからの方針としてやっていこうと思えたのはこの本を読んだからだと思う。
 「愛されたければ、愛を与えればいい」とか、(ほかのいろんな媒体から)その言葉だけ聞いているうちは、なんと陳腐な言葉だろうと思っていたしね。

 この本が劇的に素晴らしい本だと思ったのは、僕の個人的特性のせいかもしれないし、今の僕が読んだからかもしれない(3年前に読んでいたら、多分今のような見方はできなかった)
 それにしても、万人にオススメしてみたい本ではある。

 読みたい人がいたら貸したいところだけど、僕の手持ちのは、読み終わったらこっそりバイト先に置いてくるつもりなので、ちょっと無理ぽ。
 まあ、たかだか税込2049円。
 日頃自分に悩んでいる人が、今よりもちょっぴり良い自分自身になるための投資と考えれば、全然安い額かなと。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-19 01:03 | 日常
 油断した。
 ついマニュアルどおりのタレ作成で、マニュアルどおりの煮肉をして、6時間の勤務を終えて、一息ついてタレ味チェック。

 うっま!! なんだこりゃ。
 いや、違う、牛丼のタレとしてうまいんじゃなくて、普通に飲んでうまい。
 例えるならかけ蕎麦のかけつゆの味。
 牛丼にして食ってみると、まさに「薄い」の一言。

 うん、理解。
 マニュアルどおり作っててもそれほど悪いものはできないだろと高を括っていたけど、甘かった。
 全然ダメだということがよく分かった。
 一度、今のマニュアル作ってる人間に、どういう実験をして今のマニュアルになっているのか聞いてみたいよホント。
 絶対何か間違っている。
 少なくともうちの店舗の実情とは確実に適合してない。

 以上、俺のエゴ。



 『7つの習慣』(著:スティーブン・R・コヴィー/訳:ジェームススキナー、川西茂)。

 最初のほうをちらっと読んだだけで大笑い。

 『心理の教科書』や『出会って1分で相手の心をつかみなさい』で自分が受け容れられずに悩んだことが、最初のわずか数ページで一気に瓦解した。
 壊れてみればアホらしい話だね。
 すべての答えは自分が出していたのに、人から認めてもらえなければ、自分が一番、そのことを認めてないんだもんな。

 うん、やっぱ俺は俺らしくやるのがいい。
 自分がこれまで大切にしてきた信念を、もっと信じてやれよ俺。情けねぇな。




 まだ全然最初しか読んでないけど、俺はこの本に出会えてよかった。間違いない。
 横嶋くんに感謝。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-14 01:42 | 日常
 注意:なんか書いてたら鬱話になりました。




 んー、なんか、よく分からんが。
 ウマが合わない本でした。

 良書か悪書かと聞かれれば、良書と答える。
 書かれていることは正しいと思う。

 でもなんだろうね。
 頭に入ってこない、というか。

 そもそも理想としているものが、著者と自分とでは決定的に異なっている。


 まずこの本を読もうと思った動機が、自分のコミュニケーション能力の低さを改善できればいいなーと思ったからなんだけど……
 確かにこの本の言うとおりのコミュニケーションのとり方をすれば、今よりも、人から認められるようにはなるだろう。
 社会的な成功も、あわよくばうまくいくかもしれない。

 しかし、そのイメージは、僕の求めている「よりよい自分のあり方」とはまったく違う方向を歩いている。

 著者の言うような成功を収めることに、魅力を感じない。
 著者の言うような方法を実践することに、大きな心的ストレスを感じる。


 致命的に、心の形が合わねぇんだなと思った。


 それと同時に、この著者のようなタイプの人間が、社会的に認められ、成功するというのもよく分かった。
 それと比べると、自分はどうしても世捨て人なんだなとも感じた。

 社会的に「こうあるべき」という姿が、自分にとって違和感があり、受け容れがたいものであり、苦痛である。
 これをおそらく真実であろうと認識してしまうと、絶望するか、別の何らかの理論武装によって自身を肯定して心の平穏を保つぐらいしか選択肢がなくなるわけか。

 なるほど。社会病理を生み出すのは、確かに社会構造そのものだわな。
 社会の「こうあるべき」についていけない人間が悪い、か……なんか学校における「不良」に似てるな。


 こんな引用がされていた。

 「おしゃれをしない人間は、泥棒より醜いと思います」

 僕はそんなことを言う人のほうがよっぽど醜いと思います。




 ……こういうことを書くと、普通の人は、「こいつとはあまり付き合いたくねぇな」と思うんだろうなぁ。
 ただね、どうしようもなくそういう風になってしまう心の形をした人っていうのも、世の中にはいるんだってことを、「常識人」や「多数派」には分かってほしいんだよな。
 そのことを非難するのは、相手の存在そのものを否定するにも等しい、心無い行為だってことをね。



 さて。

 前向きに生きよう。
 泣いても笑っても明日は来るんだし。だったら笑っていたほうが幸せだよね。

 笑いながら、解決しなければならない問題を解決するには、どうしたらいいのかな……
 解決法を考えると沈むんだよな。考えないわけにもいかんしな。直観で動くか?
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-13 03:45 | 日常
 一言で言うと、これは良い本でした。当たり。
 曲りなりにでも、仕事で自分の下に人がいて、自分が下の人間を生かしきれていないなと感じている人は、読むと役に立つと思います。
 どんな環境、どんな相手、どんな場面でも役に立つ特効薬を提示してくれているわけではないですが、少なくとも1つの参考にはなるはずです。


 ……しかし、余談。
 つくづく、今の吉野家は「理念」を見失っているよな、と思う。

 企業の中で、軸となる一本の正義みたいなものは、やっぱり必要なんだよ。
 利益追求が悪いとは言わない。必要なことだ。
 でもそれが第一優先では、最終的に、骨格がガタガタになっちまう。
 そのことの弊害が露骨に見えてきて、方針が間違えていたことに気付いたときにはもう遅い。どかーん。

 下の人間は、上の人間の決めたことにただ従って労働力を提供すればいいなんて企業に、誰がついてくるんだろう。誰が本気で仕事をするんだろう。
 うちらキャストに対してはまだ分からんでもないが、ストアマネージャー、エリアマネージャークラスですらその扱い。
 トップダウンの方針決定は、もちろん必要だ。
 必要だが、社員がキャストに胸を張って説明できないような決定事項を、昇格降格をチラつかせて無理やり実行させるような話ばかりが目立つ。

 「俺ら所詮、ただのワーカーだよ?」とは今の店長の言葉。
 今の店長だけがそうなのではないと思う。今の社風がそうさせている。
 言われたとおりに言われたことをやるだけの人を量産している。

 「人」を育てようとしない企業に、未来はないと思わんのだろうか?
 「所詮ただのワーカー」が、どれだけの仕事をすると思っているんだろう?
 人の労働に対する誘引は、給与のみにあらず。そんなのは経営学の基礎中の基礎。バーナードさんだってマズローさんだってマクレガーさんだって言っている。

 ……昔はこんなではなかったと思うんだけどねぇ。
 いち吉野家ファンとしては、昨今の吉野家のあり方は実に残念だよ。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-12 04:04 | 日常
 身に付くか?
 

 今日買ったのは、

 『だから、部下がついてこない!』(嶋津良智)
 『出会って1分で相手の心をつかみなさい』(清水克彦)
 
 『日本のしきたり』はまた先送り(笑)



 先週買った『心理学の教科書』(渋谷昌三)は、見開き1枚2ページが読みきりになっているので、えらい読みやすかった。
 なお、読み流して頭に入ったのはごく一部。
 そこそこ使えそうな面白い本だという印象は変わってないけど、薄くて読みやすいわりにさりげなく情報量が多いので、折を見て読み返すタイプの本かな。

 しかしあれだな。
 この手の技術はやはり、人の心情を手の内で転がそうってな技術なわけで、あまり好きになれないなぁ。
 てかこういう技術に頼ってると、相手方にバレたときが怖いよ。
 こういう技術に頼らないとやっていけないなら、やはり営業という仕事だけはできねぇなと思う俺。精神的にバッタリいっちゃう自信があるよっ。



 『静かな人ほど成功する』(著:ウェイン・W・ダイアー/訳:伊藤淳)は、腰を据えて読み始めてみたら。
 ……なんか微妙に、電波というかなんと言うか……若干、浮世離れしている印象?
 翻訳の文体のせいかもしれないけど、うーん……
 エピソードの1つで「エゴ(我欲)を捨てろ」と言っているわりに、文章のそこかしこに著者のエゴ(私って凄いでしょ?的な何か)が見えたりして。なんかとにかく、個人的に受け付けなかった。

 いやね、そういう意味のエゴなら、私もエゴの塊なわけでね!
 人の事どうこう言えるもんじゃないんですけど!
 エゴってのはなー、見えるとカッコ悪いんだよな。
 それは分かるんだけど、だからって捨てなきゃいけないってこともないと思う。
 カッコ悪くたっていいじゃない、と開き直りすぎるのもまた弊害ありそうだけど、その辺はバランス感覚というか、個人個人で考えていくところじゃないかな。
 む、話が逸れた。

 ちなみに、書かれていること自体は、興味深いものも結構ある。
 老子のリーダーシップ論とか、新しいっちゃ新しいんだが……ほんとに人間としてそれでやっていけるのか?とか思ってみたり。
 まあ、いろいろ面白くはあります。

 ちなみにこっちは、まだ半分も読みきってない。
 気が向いたときに、適当に開いたところを読んで、という感じ。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-11 19:13 | 日常
 このチラシの裏には深遠回廊のネタバレがナチュラルに含まれています。
 閲覧される方はご注意ください。













●ユーリス

 00時:アンライプ・キメラ群の戦力を7削った! ユーリスは173のダメージを負った!
 02時:アンライプ・キメラ群の戦力を6削った! ユーリスは149のダメージを負った!
 04時:ギズモ群の戦力を10削った! ユーリスは143のダメージを負った!
 06時:アンライプ・キメラ群の戦力を7削った! ユーリスは118のダメージを負った!
 08時:ギズモ群の戦力を10削った! ユーリスは115のダメージを負った!
 12時:ギズモ群の戦力を6削った! ユーリスは112のダメージを負った!
 14時:アンライプ・キメラ群の戦力を6削った! ユーリスは86のダメージを負った!
 16時:アンライプ・キメラ群の戦力を7削った! ユーリスは55のダメージを負った!
 18時:クラッシュバグ群の戦力を10削った! ユーリスは52のダメージを負った!
 20時:アンライプ・キメラ群の戦力を10削った! アンライプ・キメラ群を撃退した!

 正解は2番でした。
 ……え、10時はどうしたって?
 いやいや、直前で怖くなってレッドボトルを使うようにしたとか、そんなことは全然ないですじょ?


●ノア&リノア

 18%なのに、3戦中2回もデーモンズ引かないでほすぃ(´・ω・`)


▼レッサーデーモンAの行動
デビル・ウィングの闇の加護により器用さと精神力が上昇!
堕落のフランベルジュ
ソウルアサルト(-21Mp)
接近攻撃
ノアに519のダメージ (命中率:72%)
ソウルアサルトのMP減少Lv1がノアに発動!
ノアのMPが46減少!

▼バルログの行動
デビル・ウィングの闇の加護により器用さと精神力が上昇!
ブラッドソード
ソウルブレイク(-78Mp)
1st!
接近攻撃
ノアに526のダメージ (命中率:69%)
ソウルブレイクのMP減少Lv1がノアに発動!
ノアのMPが46減少!
ブラッドソードのHP吸収Lv1が発動!
バルログのHPが52回復した!

2nd!
接近攻撃
ノアに528のダメージ (命中率:69%)
ソウルブレイクのMP減少Lv1がノアに発動!
ノアのMPが46減少!
ブラッドソードの自虐呪怨効果Lv2がバルログに発動!
ブラッドソードの自虐狂気効果Lv2がバルログに発動!

3rd!
接近攻撃
クリティカル!
ノアに602のダメージ (命中率:66%)
ソウルブレイクのMP減少Lv1がノアに発動!
ノアのMPが46減少!
ブラッドソードの自虐呪怨効果Lv2がバルログに発動!

衰弱の災厄柱
インフェルノ(-34Mp)
魔術攻撃
ノアに368のダメージ (命中率:100%)
インフェルノの毒効果Lv1がノアに発動!
インフェルノの狂気効果Lv1がノアに発動!
衰弱の災厄柱の自虐睡眠効果Lv2がバルログに発動!

魔術攻撃
属性によるダメージ増加効果!《増加Lv6》
リノアは魔術に抵抗した!
リノアに95のダメージ (命中率:100%)
インフェルノの毒効果Lv1がリノアに発動!
インフェルノの狂気効果Lv1がリノアに発動!


 うっひょー、ロイヤルガードノア助が久々に生命の危機を感じた。
 けどこれでも、20階危険地帯は、土階層以降の危険地帯の中では(フロント、バックスともしっかりしていれば)戦いやすい方だと思う。
 ソロでは無理な敵だけど。

 あと3戦でリノアの右手の杖が44回削れた。げふー。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-05 15:36 | 深淵回廊
 こういうのに関して付き合いが悪いのは、自分の悪いところだと思うんだ。
 たまにはやるといいと思うんだ。

 どういうバトンなんだかさっぱり分かってないのは仕様です。
 したがって質問の意図を汲んでいない変なことを書いていても仕様です。



●始まりの合図

 え、ごめん、これホントに何書くの( ̄▽ ̄;
 真面目に分かんねぇのでパス!


●身長は?

 185cmぐらい。
 頭ぶつけたりして不便なこともあるけど、低いよりは高くてよかったと思っている。


●身長に比べて体重は多いほうと思いますか?
 
 「お前はちょっと太れ」と言われる程度には骨と皮。


●体型はどうでしょうか?

 ひょろなが。
 折れそう。


●髪質はどうですか?また好きな髪形は?

 硬くて量が多いって床屋の人が言ってた。
 髪形にこだわりはないけど、長いのとか鬱陶しいし、手入れが面倒なのも勘弁。必然的に短くてさっぱりした髪形に。

 女の子の髪形はショートカットとかポニーテールが好き……らしい。


●目について語ってください

 目は特に……普通?
 気持ち黒目が大きめな気がするかも。


●顔についてどう思いますか?

 最近、体型じゃなくて顔がこけて来て心配って言われることが。
 うーむ、食事も運動もそれなりだと思うんだけど、公務員試験勉強時の心的ストレスとかが表に出てるんかなぁ。
 いや、本人は至って元気なつもりですよ?


●誰に似ていると思いますか?

 昔、紳士服の青山のチラシでスーツのモデルになってた男の人が似てた。


●好みのものを沢山あげてください

 たくさんって言われてもなぁ…

 コンシューマRPG。ドラクエⅢ(FC)、サガ2、ロマンシングサガ(SFC)、ファイアーエムブレム、スパロボ(第4次までとOG、アルファ外伝)、ラグランジュポイント、聖剣伝説(GB)、世界樹の迷宮、(あまりやってないけど)マリーのアトリエシリーズ。
 TRPG。(どれも気に入らない部分も多いけど)アリアンロッド、ルーンクエスト、クトゥルフd20、ガンドッグ、ソードワールド、ガープス、ブレイドオブアルカナ、ダブルクロス。あと関係書籍として、粋なゲーマー養成講座。
 定期更新RPG。深遠回廊。
 キャラクター。ミオ=サスガ(スパロボ魔装機神)、琥珀さん(月姫)、遠坂凛(fate)、ハルカ(舞乙Hime)、イリーナとかマウナとか(ソードワールドリプレイ)、スレイン(小説ロードス島戦記)、千石(三匹が斬る)、竜宮レナ(ひぐらし)、ベネット(アリアンロッドリプレイ)。ついでに小島めぐみとか書いていい?(キャラ扱いかよ)
 読み物。ロードス島戦記、ひぐらしのなく頃に、Key作品(クラナドはやってない)
 アニメ。コードギアス、桜蘭高校ホスト部、ブラックラグーン、涼宮ハルヒの憂鬱、カウボーイビバップ、真チェンジゲッター、富野アニメ。特に今、自分の中でコードギアスが神アニメと化しています。
 漫画。赤ちゃんと僕、パトレイバー、ハヤテの如く、ゴールデンエイジ、ジャンプの卓球漫画(名前忘れた)、ヴィンランドサガ、村枝仮面ライダー。るろうに剣心とかスクールランブルとかブリーチとか、初期は好きだったけど…っていう作品も多い。
 時代劇。三匹が斬る。
 ドラマ。古畑任三朗、ヒーロー、カバチタレ、ドラゴン桜、ビーチボーイズ。
 飲食。ラーメン、次郎系列のラーメン(あれはラーメンではないw)、吉野家の牛丼、同けんちん汁、紅茶(主にダージリン)、緑茶、カップヌードルシーフード、緑のたぬき、ヤマザキのアップルパイ、生茶、そば新の親子丼セット、松屋のビビン丼、日本酒(銘柄による味の差は分からない)。
 スポーツ。ドッヂボール、サッカー、バスケなど、対人球技が好き。
 人。一緒にいて安心できる人、誠実な人、優しい人、初対面の相手とは友好的に接しようとする人、他人に対して多くを望まない(独自性を尊重してくれる)人。


●嫌いなものを沢山あげてください

 日頃いろんなものに不満たらたらなわりに、嫌いなものって言われるとなかなかないなぁ。

 飲食。からし、酢の物。けどどうしても食べられないってのはたいてい、変に甘いもの。
 人。自分勝手な人、人の気持ちを踏みにじる人、店員を奴隷か何かと勘違いしている客。あと嫌いじゃないけどオシャレな人には苦手意識。


●涙を流す(流しそうになる)ものは?

 赤ちゃんと僕。
 ひぐらし。
 Key作品。

 小中学校の頃はよく虐められて、2~3日に1回は泣いてた気がする。
 あと将来に絶望したときは泣いた気がする。


●一日で一番好きな時間は?

 特にこれと言ってないなぁ。
 仕事してる時間が楽しいときもあるし、ゲームしてる時間が楽しいときもあるし、風呂だとか食事だとか睡眠の時間が一番幸せなときもある。


●自分ってどんな人に見えると思いますか?

 基本は誰とでも友好的だけど、(一部の相手を除き)一定の距離を保ち、他者との間に壁を作っている人。
 悪い意味でマイペース。あまり社会性がない。
 わりとダメ人間。向上心がない。有言不実行。身だしなみをもうちょっとちゃんとしろ。何だかんだで女性キャラばっかだな。

 仕事場では真面目な人。
 そのわりに変にいい加減なところがある人。
 八方美人。

 でも基本優しくて、一緒にいて安心できる人……に見えてるといいなぁ(ぉぃ)


●さあこのバトンを受け取る7レンジャー!!

 ぽきっ。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-05 02:44 | 日常
 最近、久々に本を読んだりしているのですよ。
 履歴書の「最近読んだ本」とかを埋めるついでだったりするんですが。

 本屋のベストセラーが並べてあるところに行って、タイトル見て気になったのを立ち読みで軽くチェックして、全部読みたいと思ったものを購入。お持ち帰り。

 少し前に買って読んだのが、『一瞬で自分を変える法』という本。
 アメリカでは非常に尊敬されるカリスマな人の書いた自己啓発本(の翻訳本)です。
 今更自己啓発本もねぇだろうと思っていたのですが、最近マイナス思考が激しいので、気付け薬にでもなるかなと思って読みました。
 まあ、これは当たりでした。自分で思っていた以上に働いてくれたと思います。

 一番響いたのが、

 「世の中には二種類の人間がいる。失敗を重ねて成功にたどり着く者と、失敗を怖れて行動をせずに無いものねだりをする者だ。」

 「ノーという言葉には何の威力もない。ノーと言われることを怖れて行動をしないでいてはうんたらかんたら」

 (手元に現物がないので、細部の表現は間違ってますが)

 思考パターンが欝気味の人にはオススメの本です。

 ちなみに今はこっそり勤務先に置いてあります。
 置いとくと意外と読む人がいたりするわけで。よいと思ったものは分かち合うべきだ。



 で、それが一週間ぐらい前に読み終わって、何か読むものほしいなーと思って、今日またふらりと本屋に。
 前に行ったとき『日本のしきたり』っていう本も気になっていて、今日めぼしい本が無かったらそれ買ってこようかなと思っていたのですが……んー、なんか、結局買いませんでした(笑)
 前に行ったときも1位、今日行ったときも1位のところにおいてあったので相当売れてるんでしょうが、食指の動き具合が微妙なんだよな。うん、次行ったら買ってこよう。

 で、今日買ってきたのは『心理の教科書』(渋谷昌三)と『静かな人ほど成功する』(ウェイン・W・ダイアー)の2冊。

 まだ読んでないですが、後者は過去の哲学者の言葉を拾い集めたような本。
 こういうの読みたくなるあたり、自分なんだかんだ言って哲学好きなんだなぁと思う。

 前者は、(最初を)読んでみる前は「おいおい、心理の教科書とは随分と大風呂敷広げたもんだなおい」とバカにしていたのですが、開いてみればざっと見た感じ実用を前提にしたビジネス書。
 これは知識としてストックしておくには面白そうだなと思って買ってきた次第です。



 ところで、買ってないんですが、並んでいた中に『年収120万円時代』という本がありました。
 著者は森永卓郎。なんかよくテレビに出ていて、「いい加減なことばっか言ってんなこいつ」という印象を受けた記憶のあるツラです。
 そういう予備知識があってよかった。
 またうっかり欝ループに入るところだったじゃないか。

 曰く、現在日本の労働者人口の4割は年収120万円なんだとか。
 経済白書だかを持ち出して説明しているのですが……あっははは、うっそだぁ。

 だって週30時間労働ぐらいで日がなぐぅたらして、このままじゃ人間としていかんなぁと思っている自分でさえ、年収にしたら200万ぐらいあるよ。
 ニート含めてるからとかそういう詳しいことは知らんけど。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-04 18:08 | 日常
 このチラシの裏には深淵回廊のネタバレがナチュラルに含まれています。
 閲覧される方はご注意ください。













 問題。ちゃちゃん。

 拠点ダブルエックスを借りて、スムーズな下層降下を目論むユーリスさん(4543)。

 防衛熟練度:37/HP:1563

 そんな彼女の前に立ち塞がる防衛敵群(掃射位置)

 アンライプ・キメラ群(43)
 クラッシュバグ群(43)
 ギズモ群(39)

 ユーリスさんの次回TT予定は掃射防衛×11→コミュニティ移動。
 敵群の進行はないものとします。
 さて、結果は?

 1.敵群を全滅させる
 2.敵群を全滅させられない
 3.ヌッころされる



 まったく予想がつきません!
 本当に3がありそうで怖い。
[PR]
by ikapon24 | 2007-03-03 03:43 | 深淵回廊