ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

カテゴリ:RPGその他( 42 )

 RPGツクールにて、1プレイ10分程度の超短編RPG(っぽいゲーム)を作りました。
 ふりーむ!様にて現在ver.2.00公開中です。
 http://www.freem.ne.jp/win/game/5430

 初期の所持金300Gを使ってキャラクターを完成させ、ミッションに挑むゲームです。
 1プレイは短いですが、何回か繰り返して遊ぶことを想定した作りになっています。

 RPGのある種のスタイルを突き詰めたらこうなった的な作品です。
 試しに一度触ってみてもらえると嬉しいです。
[PR]
by ikapon24 | 2013-08-25 16:58 | RPGその他
 宣伝です。

 RPGツクールにて短編RPGを制作し、ふりーむ様にて発表しました。

 『少女剣士の小さな冒険』
 http://www.freem.ne.jp/win/game/4916

 プレイ時間:2時間程度のシンプルな短編ですが、僕の今持っているRPG思想をありったけ、かつコンパクトな形にして叩き込んだ自信作です。
 よろしければ是非遊んでみてください。

 なお、このゲームを遊ぶためには、RPGツクールVX Ace RTP(ランタイムパッケージ)なるものがパソコンにインストールされている必要があります。
 こちらもふりーむ様にて、簡単にダウンロードできます。
 http://www.freem.ne.jp/win/game/3558

 どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
[PR]
by ikapon24 | 2013-04-07 23:05 | RPGその他
 『魔法少女☆ルルカ』がちょっと面白い。
 RPGツクールで作られた18禁の同人RPGで、体験版で序盤をプレイしただけなんだけど、数値設定がうまくてRPGのすごくプリミティブな面白さが出ている気がする。

 ビジュアル的に背景サボってたりとか一部残念な部分は見当たるけど、キャラ絵は好き。
 キャラも萌える。こういう掛け合い好きだわぁ。

 なんかすごく親近感を覚える。自分が進化した末の目標点みたいな作品だなぁと思った。
 嫉妬する以前に敬ってしまった。オノレ。
[PR]
by ikapon24 | 2011-06-24 13:15 | RPGその他
 NPCイラストいいなぁと思って見ていたら、NPCのキャラ自体も凄く良い。
 興味を惹かれてワールドセクション読み始めたら、これまた良い。
 普段、TRPGの世界観にあまり面白みを感じたことのない僕がそう思うんだから相当なのか、それとも、これまで僕が触れてきたTRPGの世界観が僕の肌に合わなかっただけなのか。

 ゲームデザインが力造さんで、ワールドデザインは別に諸星崇さんという人を置いているのですが、やはり専属のワールドデザイナーは格が違うということなのだろうか。

 とりあえず、表紙絵とか裏表紙のテロップとかゲーム部分を読んだだけの印象とは全然違った感じの、しっかりと地に足が着いた世界観描写となっております。
 「それはむしろゲームと合ってなくて駄目なんじゃないのか?」という疑念が一瞬頭を過ぎったけど、多分そんなことない、これは良いものだと直感は言った。
[PR]
by ikapon24 | 2009-04-19 08:24 | RPGその他
 ルネサンス期のヨーロッパっぽい服装に、ターンAガンダムのような牧歌的なキャラデザイン。
 惚れた。
 表紙絵がこっちの人だったら、このゲームの第一印象が180°変わっていただろうなぁ。
[PR]
by ikapon24 | 2009-04-18 21:53 | RPGその他
 ゲームであり、同時にコスティキャン的な意味で言う玩具でもあったことに気付く。
 ドラクエⅢ、Saga2、ロマサガ、最初のスパロボ…
 与えられた目的を果たすという意味でのゲームには、あまり興味はなかったんだろう。
 自分で(言葉にできないくらい漠然とした)目標を無意識に作って、それを達成するまでの過程を楽しんでいたんだと思う。

 だからゲームをクリアすることにはまったく執着しない。
 むしろクリアが見えてしまうと、楽しい時間が終わってしまうようで寂しかった。
 矛盾するようだが、やはりクリアというのは、1つの終着ではあったのだ。
 クリアが見えるまでは、まだまだその世界の広がりを予感できるからかもしれない。
[PR]
by ikapon24 | 2009-04-15 20:19 | RPGその他
 コミケ本感想第2号。
 100円本。リプレイの1冊目と2冊目のインターミッションみたいな感じの、要するに2巻が間に合わなかったんだろうなぁ、ということを想像させる一品。

 しかし甘く見てはいけない。
 開いて最初のキャラ紹介を眺めた段階から「これは当たりだ」と感じ、本文を開けば「センス高ぇ」の一言。
 スタート初っ端からいきなり下品だけどな!(笑)
 ええ、あとがきでGMの人が、ぶっちゃけシナリオ開始直後のシャルのセリフとか死ねば良いのにと思いますが、とか言ってますし。
 覇王様、大丈夫だよ。汚い言葉遣いがどうとか思ったけど、こっちのヒロインもっと酷いよ!(笑)

 しかもリプレイだけではなく、オマケとして(?)創作のモンスターデータやアイテムデータまでついてくる。
 モンスターは基本パロディ。ヴォーパルバニーとかセンコウシャとか、ドリルとか一本背負いとか持ってて3体合体する魔動機とか魅力的です。この敵は出したくなる。
 アイテムデータは小粋なジョークに富んだものが。白くて長い下着用の布とかあります。良かったねアランくん!

 コストパフォーマンスで考えても、今回一番のお買い得品でした。
 チーム留守番電話、覚えましたぞ!
[PR]
by ikapon24 | 2008-12-31 11:00 | RPGその他
 この記事は『理系の人々』と『ダブルクロス・リプレイ・オリジン 偽りの仮面』を読んでから、読むといいよ。



 居酒屋にて。
 理系のTRPGゲーマーAと、普通のTRPGゲーマーBが先に飲んでいる。
 そこに、理系の後輩TRPGゲーマーCが現れる。


 A:「お、きたきた」
 C:(座敷に入ってきて)「すいません、遅くなって。ちょっとセッションが長引いちゃって」
 A:「お、そういえば今日はダブルクロスリプレイオリジンのシナリオ使ったセッションやってたんだっけ」
 C:「はい。リプレイ読んだことのないプレイヤーで集まってやってました。僕はPC1を」
 A:「へぇー、CがPC1をね。で、どうだった?」
 C:「いやー、何だか分からないんですけど、僕のプレイングに対して非難轟々だったんですよ。例えば、キャラクター作成のときでも…」

 GM:『じゃあ、このハンドアウトを参考にして、キャラクターを作ってくれ』
 C:『あのさGM。やっぱPC1だったら、あまり特徴のないキャラクターを作ったほうがいいのかな』
 GM:『いや、そんなことは…。やりたいキャラを作ればいいって。ただしハンドアウトはちゃんと読んでくれよ』


 A:「いいGMじゃないか」
 C:「まあ、でも……言うとおりに、やりたいキャラ考えたんですよ。あんまり捻りがないのも面白くないんで……悩んだ末に考え付いたのが、引きこもりのUGチルドレンってやつで」
 B:「へえ、どんなの?」
 C:「任務のためにUGNから学校に派遣されるたびに、学校に馴染めなくて引きこもって家でゲームしてるってキャラで」
 B:「そ、それは…(汗)」
 A:「おお、それは新しいな! 面白いキャラじゃないか」
 C:「でも、そういうキャラにしたいってGMに言ったら、『それはPC1以前に、UGチルドレンとしてどうなんだ』みたいなことを言われて」
 A:「あー、なるほど。最初からそういうのはダメって言ってくれればいいのにな」
 C:「で、どうしたらいいか分からなくなったんで、GMに聞いたんです」

 C:『結局、どんなキャラを作ればいいの?』

 B:「ブーッ!!」
 C:「そしたら、『それは自分で考えろよ』とか言うし」
 A:「なるほどー」
 B:「…いや、お前それはどうかと…。普通言うと思うぞそれ…」
 A:「(Bの言葉を遮って)ひどいな、分かるよ。物語重視派のゲーマーはいつもそうだ」
 C:「でしょー。その後、セッションが始まって回想シーンに入ったときだって…」

 GM:『…そしてある時。七緒が誕生日に買ってもらったらしい子供用のカメラ、それをキミに嬉しそうに見せたことがあった』
 C:『ふむふむ』
 GM:『一応写真が撮れる、というレベルのほとんどオモチャ同然なヤツだけど…。そして、その夜。キミが見ているテレビでは、山の頂上から見る朝日がいかに素晴らしいものであるかをとある写真家が力説している。(にやにやしながら)さあ、どうする?』
 C:『もしかして、家のそばには山があったりする?』
 PC4:『(おなじくにやにやしながら)それは当然あるだろう(笑)』
 GM:『山って言うほど大きくないけど存在するよ。でも、子どもにとっては大きな山だ』
 PC3:『さあどうする?』
 PC2:『(温かく見守っている)』


 C:「みんな僕に『それ』を期待しているようでした。──そこで! 僕は言ってやりましたよ、PC1らしく!」
 A&B:「おお!」

 C:『それって、答え一択じゃない?』
 一同:『……('A`)』
 C:『いや、もちろん七緒はその山に連れてくけどさ』


 A:「(きゅぴーん!)…確かにそのその通りだ!」
 B:「確かに、じゃねえー! そんなのは期待されたとおり動いときゃいいの! それでみんな安心するの! そういうものなの!!」
 A:「えー、でもー」

 A:「情報の増えない質問は無益だよな?」
 C:「でしょ? それを指摘しただけなのに非難されてもなー」
 A:「非難されてもなあ。山に連れてくとはちゃんと言ってるのになー。物語重視派ゲーマーのことは分からんなー」
 B:「それで何も言わないGMのほうが分からんわ!! てか危機感を持てーー!!」

 [FIN]



 あ、言っとくけど、脳内で考えたフィクションだからね(笑)
 理系っつーか、天邪鬼って気もする。
 サンプルは俺。
[PR]
by ikapon24 | 2008-10-28 18:04 | RPGその他
 遊び方の1つ。
 まず、複数人のプレイヤー(のキャラ)でパーティ組んで、何かのシナリオに挑戦するんよ。
 それで、はい、結果が出ましたーとなった後に。

 後付けで、キャラ同士の掛け合いをやって楽しめるんだ。

 毎日更新だからって、そのペースに付き合う必要はどこにもないんだな。
 (ゲーム的に、どんどん先に進まなきゃ面白くないとか、置いていかれるとかいう性質のゲームじゃないし)
 ある1日分の日記の中身を、1週間ぐらいかけて延々と更新合戦してたっていいわけだ。

 キャラチャットならぬ「キャラBBS」みたいなものが世の中にはいくらかあると思うが、そういう類の遊び方。
 で、ただのキャラBBSより優秀なのは、シナリオという形でキャラ会話の「ネタ」が提供されているという点だ。
 しかもその「ネタ」は、運営側が提供しなくても、プレイヤーの手によって半永久的に提供され続ける循環性を持つ。






 こうして見ると、やっぱり基本的な「仕組み」自体はもの凄く優秀なんだけどなぁ…
 どこかこう、ヒットしなさそうなオーラが感じられるのは何故だろう?(笑)
[PR]
by ikapon24 | 2008-06-06 00:51 | RPGその他
 クリスタニアRPGがすごく素敵なシステムに思えてくるときがある。
 ウォーリアが命中判定で50~60%しかない危うさだとか、クリティカルすると装甲値を引く前のダメージが2倍になる無茶っぷり(それもHPと武器ダメージと防具の防御力のバランスが絶妙!)だとか…
 なんか、ダイスを振るときにぞくぞくする感じ。生命力0でいきなり死亡判定(成功率30%ぐらい)突入だしな!

 アリアンロッドばかりやっていると、そういうものが恋しくなったりする。
 ダイスを振るときのドキドキ感が足りないよね!
 いや、そうなるようにキャラクター作ってるし、戦術組んでるんだけどさ。


 そして最近、キャラクター作成にランダム要素(ダイス)を介するゲームが、それはそれで面白い気がしてきた。
 昔はもう、ランダム要素ナシのリソース割り振り式キャラクター作成が大好きで、そっちのほうがもう掛け値なしに優れていると思っていたぐらいだけど、一周回って戻ってきた感じ。

 3D6を7回ぐらい振って能力値を決めると、そのキャラクターは(奇跡的確率を振りなおさない限り)もう二度と生まれないから。
 この世に生を受けた、大切な俺だけのキャラって感じがして好き。

 3D6を複数回振って、好きな能力値に割り振るとかは邪道だね(クリスタニアはこの型だけど)
 やっぱ上から順に振っていかないと。
 変に知力の高いウォーリアとか、そういうのが生まれるから面白いのになぁ。

 振りなおしはいいよ、振りなおしは。
 D&Dの前書きか何かで安田さんが言ってたと思うんだけど、やっぱそいつと長く付き合うんだから、それなりに満足のできるキャラクターを作ったほうがいい。
 ただし全部の能力値について振りなおさんといかん。所持金とか、あるなら出自とかも一緒に振っておいたほうがいいね。
 要は複数人の候補者の中から選ぶわけさ。

 俺がGMなら20回ぐらいまでは振りなおし許可するかな(笑)
 そのぐらい振れば、どんなに運が悪くても、まともに優秀そうなキャラが3~5人ぐらいはできるだろうから。
 ただし、振りなおしたらもう、その前に振ったやつは使えないことにする。
 どのぐらい良い目が出たときにストップするかが、プレイヤーの決断力の見せ所ってやつで。


 で、その変にデコボコした人間に、「クラス」という名の塗料を上からドバッとかけると。
 これがまたたまらん。
 ウォーリア選んだらもうほとんどウォーリアでしかないんだけど、ほんのちょっとだけそいつ個人の「らしさ」が出ている感じ?
 わかんねーかなー、この、なんつーか、そんな感じが。
 わかんねーだろうなー(笑)
 まあ、それこそ1%単位の差が出せるd100だからこそできる芸当よね。
 d100萌えー。


 しかし、クリスタニアRPGのルールブック見るたびに思うんだけど……なんだろうねこの、変に曖昧な記述の目立つルールブックは(--;
 わざとこういう書き方してると思うんだけど、アリアンロッドに慣れた今見ると、気持ち悪いのなんのって。
[PR]
by ikapon24 | 2008-04-16 01:57 | RPGその他