ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

カテゴリ:1人アリアンロッド( 17 )

 ひぐらし皆殺し編の音楽室で「LIVE」を流しながら書いてたりしますので、BGMはそのあたりで。




 テレーザの店。

 「……サクノシンさん、帰ってきませんね」

 店の入り口の扉をちらちらと見ながら、メリッサが溜息をつく。

 「まあ、大丈夫なんじゃない? あいつ前に、引き際を間違えなければ死にはしないよなんて、偉そうに言ってたし」

 カウンターでグラスを磨きながら応える、テレーザ酒場女将のルチア。


▼第7ラウンド

 ワイトAの攻撃。
 1発目にストライクバックが成功。2発目は命中。

 ワイトAからのダメージは1点と、5点ダメージに対して《プロテクション》で1ゾロを振って3点。サクノシンの残りHPは5、MPは11。
 ワイトAへの反撃は22点のダメージ。ワイトAの残りHP17。



 「引き際を間違えなければ、かぁ……」

 再び入り口のほうに視線を向けるメリッサ。

 「なぁに、サクノシンのことがそんなに心配?」

 「そういうんじゃないです。変な勘繰り入れないでください。……でもサクノシンさん、あれで結構、向こう見ずのところがあるから……。……なんですか叔母さん、にやにやして」

 「ううん、あいつのことよく知ってるなぁと思って」

 「だーから、違うって言ってます!」


 ワイトBの攻撃。
 1発目がクリティカル!
 サクノシンは2発目に対してストライクバックを宣言。成功。
 ワイトからのダメージは、1発目のクリティカルに《プロテクション》を張って3点、2発目はダメージなし。
 反撃はダメージ25点! ワイトBを撃沈。
 サクノシンの残りHP2、MP3。

 サクノシンは《ヒール》の使用を宣言……




 「おーけーおーけー、そういうことにしとくわ。
  ま、どうせすぐに現れるんじゃない? 今日はひどい目に遭った!とか言ってさ」

 「…………」


▼第8ラウンド
 《ヒール》によってHPを21まで回復したサクノシン、ワイトの攻撃を2点、0点で凌ぎ、自分の行動で初の攻撃。
 命中、ダメージはジャスト17点。ワイトAを撃破。



 「ほら、噂をすればなんとやら」

 バタン!
 酒場の扉を勢いよく開けて、ずかずかとカウンター席に座る1人の冒険者。

 「うはー、今日はひどい目に遭った! 聞いてくれよ女将、バグベアモンクが3匹出て来たんだけどさ、そいつら頭から油かぶって、何したと思う? 火ぃつけやがったの、自分の体に! あいつら絶対バカだぜ? でも意外とこいつがバカにできなくて……」





 こうして、冒険者たちの冒険は、いつ果てることもなく続いていく。
 死と隣り合わせの冒険。
 だがそれは、彼らにとって、かけがえのない『日常』なのかもしれない──


 1人アリアンロッド──


 完。
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-12 16:02 | 1人アリアンロッド
▼第5ラウンド
 ワイトの攻撃。
 命中×6、だが、再びCにストライクバック成功!
 ワイトの攻撃はダメージ2,5,0,0,1,1の合計9点。

 《ストライクバック》による反撃は、ダメージ23点!
 ワイトCを撃破。

 完全に後の先を狙いに入ったサクノシンは、再びMPポーションを使用。
 MPを6点回復。


 サクノシンHP:10  MP:6  フェイト:2

 ワイトA・HP:39
 ワイトB・HP:39


▼第6ラウンド

 ワイトの攻撃。
 とりあえず命中×3、ダメージロールを行なったところ、0,1,0の合計1点。
 4発目は命中判定の出目6。
 ここで使うと《プロテクション》も《ヒール》も使えなくなるが……《ストライクバック》を宣言。
 そして成功。

 ストライクバックのダメージは18点。
 対するワイトの攻撃のダメージは、0点。


 「……やれやれ、もうちょっと勝ち目が見えなければ、早々に逃げるんだがな」


 サクノシンの行動は、三度目のMPポーション。
 最後の手駒、フェイト2点を突っ込み、MPを17点回復。


 サクノシンHP:9  MP:19  フェイト:0

 ワイトA・HP:39
 ワイトB・HP:21
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-11 00:26 | 1人アリアンロッド
▼第1ラウンド

 ワイトの攻撃。
 ワイトは《連続攻撃》というスキルにより2回攻撃をしてくる。

 命中!クリティカル!命中!命中!命中!命中!
 クリティカルのダメージロールが走り(出目6,6,6,4の+8で30点!)、フェイト2点を使ったプロテクションで防御するも5点のダメージを受ける。
 ほかにもダメージロールで6ゾロを出されプロテクションを使ったり。6発で合計11点のHPダメージを受ける。

 サクノシンは《フェイス:ゴヴァノン》を使用。武器を魔法ダメージに変える。


 サクノシン残りHP:26  MP:24  フェイト:3

 ワイトA・HP:39
 ワイトB・HP:39
 ワイトC・HP:39


▼第2ラウンド

 ワイトの攻撃!
 命中!6ゾロ回避!クリティカル!命中!クリティカル!命中!
 1回避けたのはいいけどクリティカル出すぎだよ!
 プロテクションを2回(うちフェイト1点乗せ)使って、被ダメージは合計11点。

 サクノシンは《ヒール》を使ってHPを回復。
 出目が悪く、回復量は11点。

 
 サクノシンHP:26  MP:15  フェイト:2

 ワイトA・HP:39
 ワイトB・HP:39
 ワイトC・HP:39
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-08 15:30 | 1人アリアンロッド
 その後、第2フロアをざっと散策して、任務も終了。
 第1フロアへの階段を上ると、そこにはメリッサの姿が。

 「サクノシンさん! どうしてここに…」

 「それはこっちの台詞だ。どうしてお前がここにいるんだ」

 「だって神殿に行っても、100Gじゃ、仲介料もあるし、誰も引き受けてくれないって…」

 「だからって素人が1人でダンジョンに来るな。だいたい、どうやって転送されてきたんだ。転送機は神殿に厳重に管理されているはずだろう」

 「それはその……色仕掛けで、こう」

 「嘘つけ。どうせ酒で酔わせたとか、食事に睡眠薬を混ぜただとか、古典的な手を使ったんだろ」

 「古典的で悪かったですね! ……あ」

 「やれやれ。まあいいや、お前これ持って先にルチアのところに帰っててくれ」

 メリッサに、古い婚約指輪を渡すサクノシン。

 「え、これ……探してきてくれたんですか!?」

 「ダンジョンを探索していたら、偶然見つけたんだよ。ま、報酬の100Gはきっちり頂くけどな」



 「……もう、こんな勇者様、不本意です」

 満面に笑顔を浮かべて言うメリッサ。




 「あれ、でも、サクノシンさんは帰らないんですか?」

 「ああ、ちょいと野暮用が残っているんだ。

 ──俺がこれから先に進むために、過去を振り払っておこうと思ってな」


 その扉をくぐり、隣の部屋に踏み込むサクノシン。




 「ここを通りたくば」
 「我々を」
 「倒してからにしてもらおーう」

 ワイトが3匹現れた!



 「……そうさせてもらう」

 愛刀・虎徹を構えるサクノシン。



 次回へ続く!
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-07 02:11 | 1人アリアンロッド
 「試しのダンジョン」には隠し階段があった。
 何しろ、指輪はメリッサに出会ったダンジョンの第2フロアのAイベントで見つかると書いてあるのだから仕方がない。

 というわけで第2フロア。
 休息地の次に引いたのが、トラブルイベントチャート・ナンバー6「トレイン」。

 「同じフロアで次に発生したスペードイベントでは、エネミーの登場数が+1D6される。」


 ……ちょい待て(笑)

 これ下手なもの引いたらとんでもないことになるぞ。




 で、次の部屋は、っと…(ぺらり)…あ、スペードのKだ。





 ……あれ?(汗)


 「ふうむ、」
 「ふうむ、」
 「ふうむ、」
 「ふうむ、」
 「ふうむ、」

 『悩ましい』


 悩めるマンティコアが5体現れた!


 「うるせーwww」

 サクノシンは逃げ出した。
 
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-06 02:28 | 1人アリアンロッド
 では、7+4D6ダメージのお披露目といきましょうか。

 ていっ!

 (ころころ~)……1,2,2,1。

 13点!!

 …………。

 キノコの物理防御は2、HPは14だから、

 …………。


 うるさい、こっち見んなwww


 まあ、さすがに残りの3匹は一刀両断しましたけどね。


--------------------------------------


 さてその後、ボッタクル行商人、休息地、落ちる宝箱、何もなし(再発生しないイベント)と引いて、最後の部屋。

 Aイベントがフロアの最後に来るのも珍し…(ぺらっ)…あ。

 そうか、そういえば今まで出てなかったな……こいつの存在をすっかり忘れていた。
 3フロアあれば3/4の確率で遭遇する、悪魔。



 スペードのA。



 説明しよう。
 アリアンロッドのランダムダンジョンでは、スペードのカードを引くとバトルイベントとなる。
 このとき一般には、カードのナンバーが大きいほど強敵が出てくることになっている。
 数字ならそのまま、Jは11、Qは12、Kは13。
 そして、Aは15として扱う。

 なお、Aが出るとAイベントといって、まだ先にフロアがあれば次のフロアへの移動経路(階段など)が、最終フロアであればミッションクリアのための最終イベントなどが存在するのが一般的であり。

 つまるところ、このイベントをクリアしないと第3フロアにはいけないのだ。





 ……ふっ、ふふふふふ。

 良かろう。

 どれほどの敵が出てくるかは知らないが、こちらとてMk-Ⅱだ。



 そう、このダンジョンのボスのオウガと愉快な仲間たちは、実のところ、サクノシンMk-Ⅱの敵ではないと思っていた。
 山賊をトルネードブラストで一掃し、あとはオウガとサシになる。今の実力で負けようはずもない。
 だが……


 どこかからボス戦のBGMが流れてくるような錯覚すら覚える。
 間違いない。
 こいつがこのダンジョンの真のボスだ。





 敵を見る。

 ルミナス・エレメンタル5体。
 光の精霊ってヤツである。


 基本ルールブックを開いてデータを見る。

 …………。




 オーウ。(←肩をすくめる仕草)



 戦闘開始♪

 キュドドドドドドーン!!(←浴びるほどの《ホーリーライト》Lv5)

 プロテクション、プロテクション、プロテクション、プロテクションー!!! フェイト全開ー!
 離脱!
 バタン!

 ……ぜぇはぁぜぇはぁ(←残りHP16、フェイト0)




 うん、帰ろう…(とぼとぼ)




 ▼獲得成長点
 使用したフェイトの数……5点
 倒した敵のレベルの合計……8点

 合計……13点
 未使用合計……18点
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-02 13:49 | 1人アリアンロッド
 「盗賊に盗まれた形見のペンダントを奪い返して欲しい」

 という依頼をテレーザの酒場で受け、サクノシンは盗賊の隠れ家に潜入することになった。
 ……あっさり場所がわれてるあたり、隠れ家も何もないと思うのだがいかがか。

 「大丈夫。今度は第3フロアのAイベントで盗賊が出ることになってるから。安心して行っといで」

 自信満々に仕事の斡旋をするルチア・テレーザ女将。

 「いや女将、それはごく当たり前のことで、胸を張って言うことではないと思うのだが。
  ちなみにその盗賊とやらは、どんな連中なんだ?」

 「んー、オウガと愉快な仲間たち?」

 …………。

 「オウガ相当の盗賊のリーダーと、山賊が5人です」

 横でルチア言語を翻訳してくれる、不本意娘ことメリッサ。
 いいぞ、キミは大変いい。



 しかし、ボスがオウガ1匹に、ミスター雑魚キャラこと山賊が5人?
 ……ふぅん。

--------------------------------------

 ▼盗賊の隠れ家

 第1フロアでは、道に迷った爺さんからMPポーションを貰ったり、冷凍庫で浴びるほどの「にく」を見つけたり、小銭の入った財布を見つけたり。
 ついでに休息地もごっそり確保しつつ、何事も無かったかのように第2フロアにレッツゴー。


 第2フロアの最初の部屋でバトルイベント発生!

 ムンクの叫びみたいな顔のキノコが4つ。どう見てもモンスターです。
 こっちから戦闘を仕掛けなければ、襲い掛かってくる雰囲気はないが……?


 「ふっ……試し切りにはちょうど良い」



 そう、レベルアップその他諸々によって、サクノシンの戦闘能力は、以前とは比較にならないほど向上しているのである。
 言うなればサクノシンMk-Ⅱ!
 特に攻撃力に関しては、《トゥーハンドアタック》の効果で、以前の「7+2D6」から「7+4D6」へと超絶進化を遂げている。
 これまで勝てなかった敵にも、今ならおそらく互角以上に渡りあえよう。


 意気揚々と、変なキノコに襲い掛かるサクノシン。

 次回へ続く!
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-01 15:49 | 1人アリアンロッド
 ちゃらららっ ちゃっちゃっちゃー♪

 サクノシンはキャラクターレベルが3になった!

 【筋力基本値】が2上がった!
 【器用基本値】が2上がった!
 【精神基本値】が2上がった!
 【最大HP】が10上がった!
 【最大MP】が6上がった!

 《トゥーハンドアタック》:2Lvを覚えた!
 《ストライクバック》:1Lvを覚えた!
 《フェイス:ゴヴァノン》を覚えた!



 サクノシンは、鉢金を買った。
 サクノシンは、ウェポンケースを買った。
 サクノシンは、小道具入れを買った。
 サクノシンは、ビレッタを売った。

 ……あれ、300Gの宝石、まだ売ってないぞ。というわけで売る。

 頭部:ビレッタ→鉢金

 物理防御力:9→10

 所持金:605G→435G




 サクノシンは、ギルド『ブロンズクラーケン』のギルドマスターになった!

 ブロンズクラーケンは、ギルドスキル《加護》を獲得した!




 サクノシン=ミカヅキ
 種族:ヒューリン  性別:男  年齢:25歳
 クラス:アコライト/サムライ  キャラクターレベル:3  使用成長点:30

 能力:基本値/能力値
 筋力:11/4
 器用:14/6
 敏捷:9/3
 知力:8/3
 感知:8/2
 精神:11/5
 幸運:9/3

 《ギフト》
 《ヒール》
 《プロテクション》:2Lv
 《フェイス:ゴヴァノン》
 《トルネードブラスト》
 《スピリット・オブ・サムライ》:1Lv
 《カタナマスタリー》
 《トゥーハンドアタック》:2Lv
 《ストライクバック》:1Lv

 装備……虎徹、バックラー、レザーアーマー、鉢金、マント、冒険者セット、バックパック、ベルトポーチ、ウェポンケース、小道具入れ、聖印、MPポーション×6
 所持金:435G

 所属ギルド:ブロンズクラーケン  ギルドレベル:1
 ギルドスキル:《加護》

 HP:37  MP:37  フェイト:5  行動値:5  移動力:10
 命中判定:5+3D6  攻撃力:7+4D6  回避判定:3+2D6
 物理防御力:10+2  魔法防御力:5+2
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-01 02:35 | 1人アリアンロッド
 妖精さんが活発だなぁ。
 とりあえず以下はまきまきするのがいいと思った。

 ▼お魚くわえた…
 サハギン6匹を《トルネードブラスト》で一掃。「さかなのにく」を3つもらった。成長点6点だお。
 あとはめぼしいことも無く、フロア3に移動。

 ▼一瞬の隙
 だがそれがどうした、という感じでキマイラ2匹に刃が立たず。撤退。
 とりのにくを2個、さかなの肉を3個、むしゃむしゃと食べてHPを回復。
 調理道具を持つのもやぶさかではないと思う。

 ▼魔術殺し
 メイジキラーとアコライトバスター。
 パーティメンバーがいるわけでもないので両方ともサクノシンに直撃。

 ▼キャンプ跡地
 GMはフロアデッキの中にスペードのカードが何枚入っているかをプレイヤーに教える、と言われても困る。
 一瞬、家族にトランプを見せて答えてもらおうかという誘惑に駆られる。実行せず。
 跡地は次のライバルパーティが残したものなんじゃなかろうか。

 ▼ライバルパーティ登場
 考えるのが面倒だったので見なかったことにした。
 あれだ、きっと同じくソロの女の子冒険者だな。

 ▼見えない宝箱
 目標値12の[危険感知]なんて、成功しないしない。

 ▼妖魔斥候部隊
 なぜか最後の部屋で待ち受けている斥候部隊。フォモール×2、ゴブリン×5。
 《トルネードブラスト》が残っていればなぁと思いながら、撤退。
 粘れば勝てたかも知れないけど、なんかもう面倒だった。

--------------------------------------


 「……というわけで女将よ、バルドの墓地にスケルトンは出なかったのだが、何か言い訳はあるかね」

 「ライバルパーティの女の子が倒しちゃったんじゃない?」

 「な、なんだってー!?」


 おあとが宜しいようで。



 ▼売却
 鷲の羽根……5G
 鷲の爪……50G
 ギルマンのうろこ……20G
 ギルマンのひれ……10G

 ▼その他収入
 バルドの墓地の地図を神殿に提出する……300G

 所持金……220G→605G


 ▼成長点
 使用したフェイトの数……5点
 倒した敵のレベルの合計……25点

 成長点:5点→35点



 ついにサクノシンもレベルアップだ!
 次回へ続く!
[PR]
by ikapon24 | 2006-05-31 02:32 | 1人アリアンロッド
 というわけでプライズイベントで2個目のルビーリングを獲得。
 最後の部屋もプライズイベントで、エクスプロージョンで黒焦げになりながら、MPポーション2本をゲット。
 毎度思うけど、アリアンロッドのトラップって、トラップというよりはアトラクションだよなぁ。

 そして再びマンティコアの部屋を通って、街に帰還します。
 回復のためにMPポーションを4本を使ってしまったので、買い足し。

 ▼売却
 ルビーリング……+200G

 ▼購入
 MPポーション×4……-200G

 拾ったMPポーション2本分が、そのままプラスの収支っと。

--------------------------------------

 第2フロア。
 MP回復の休息地、光る石(Aイベント)、フェイト回復の休息地、と踏んで4部屋目。

 スペードの8。
 やっと真ん中あたりに来てはいますが、何が何でも上のほうのナンバーから離れたくないようです。
 


 イーグルが4体、なにやら宝石の周りに群がっています。

 たたかう?

 ▼はい
  いいえ

 懲りない男、サクノシン。



 しかし、「そのとき」というのは案外あっけなく訪れるもので……

















 勝ったどー!!( ̄□ ̄)ノ


 ついに、一度も逃げることなくバトルイベントをクリアです。
 鷲の群れを倒して、ボロボロの姿でガッツポーズするサクノシン。
 絵的にどーかと思う。

 なんだか知らないがイーグルの命中判定は1(2D)。
 ひらりひらりと攻撃をかわせたのが一番の勝因でしょう。

 成長点8点ゲット!!
 300Gの宝石ゲット!!

 何だか調子に乗ってきましたよー?



 次回へ続く!
[PR]
by ikapon24 | 2006-05-30 15:12 | 1人アリアンロッド