ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

カテゴリ:TRPG打ち合わせ関係( 2 )

 本当はプレイできる段階まで書きあがってからにしようかと思っていたけど、ええい、善は急げだ、思い切ってしまえ。

 現在僕が書き途中のダブルクロスのシナリオ(題名未定)の参加者(予定が合えば参加してもいいよーという人)を募集します。
 実施日は未定。実施場所も未定。とりあえず参加してもいいよという人が3人以上いるかどうかだけ確認させていただきたく。もちろん、3人を回っても大募集続行ですが。
 それで、注意点がたくさんあります。


 ・概ね一本道というか、用意されたストーリーのとおりに話が進むようにできています(PLの行動の自由がある程度制限されます)。本来判定が行われるべきところを、シナリオの都合上、GM特権を発動して結果を確定させてもらう場面もあります。
 というかPCの内心がシナリオに書かれているシーンすらあります(爆) むしろ小説にでもしたらどうだと自分でも突っ込みたくなりましたが。
 ただ逆に、あるシーンのPC同士の会話次第で、その後の展開がGMにもさっぱり読めないぐらい変化する可能性はあります。
 そこに関しては、ちょっと実際に回してみないとどうなるか分からないです。悪く言えば投げっぱなし。でもそれが一番の楽しみでもあります。
 総じて、キャラロールを楽しむことと、その後のストーリー展開をみんなで(プレイヤーレベルで)協力して作っていくことが楽しみのメインになるシナリオになると思います。まあストーリー展開を作るといっても、素晴らしいものを作ろうとか、そんな風に気負う必要はないと思うですが。てけとーに、流れ任せでも可……多分(笑)

 ・ゲーム的な要素は無いに等しいです。戦闘もまったくないか、あってもおまけ程度です。ぶっちゃけシナリオの95%までダブルクロスのシステムを必要としていませんし、使用もしません。
 ただ、「キャラクターがどんな能力(エフェクト)を持っているか」は、ひょっとしたら重要になるかもしれません。あとエフェクトのフレーバー的な説明の拡大解釈を許可する場合があります。

 ・ロイスとタイタスといったシステムも、ストーリー展開上必要が無ければ使われません。ただ展開次第では、こうしたシステムの面白い使い方がされる場合もあるかも?

 ・プレイヤーはダブルクロスのシステムに精通している必要はありません。ただ、大雑把な世界観と雰囲気と各シンドロームの大雑把なイメージは掴んでおいてほしいです。
 具体的には、1stルールブックではP.16~25、それに各シンドロームの説明がP.63、67、71……といった4ページおきの各ページの左半分。
 2ndルールブックは僕まだ持ってないので分かりません(^^;
 あとシステム部分ではあるんですが、P.112~116の「侵食率・ロイス」は読んどいてほしい、かも。

 ・現在まだシナリオの展開を終わりまで想定し切れていないので、ここに書かれていることは後に変更される可能性があります。



 なお、PCは以下の3人を予定しています。

▼PC1:サンプルキャラクター「不確定な切り札」(P.48)
 ……メイクアップやフルスクラッチで作る場合、ワークス・カヴァーともに学生である必要があります。キュマイラ・シンドロームの《一角鬼》(イメージコミックの異形化した腕ってこれでいいんだよね?)を持っていることを想定していますが、そうでなくても特に問題はない、はず。ただビジュアル的に外から見て分かりやすい攻撃用エフェクトを持っていてほしい感じ。
 シナリオ開始時にはまだオーヴァードとしての能力に覚醒していません。
 いわゆる主人公枠ですが、主人公としてどうこうというよりは、PC2やPC3との掛け合いがメインとなりそうです。

▼PC2:エキストラ
 ……レネゲイドウィルスに侵されていない普通の人間です。ゲーム的にはほぼエキストラとして扱います──オーヴァードの前では、普通の人間はそのぐらい無力だということです。
 PC1とは親友や恋人、あるいは幼馴染みなどといった関係にあります。
 展開次第ではあるのですが、ヒロイン属性のプレイヤー様に是非挑戦してみてもらいたい枠だったりします。いやもちろん親友でもいいんですが。

▼PC3:サンプルキャラクター「黒い天使」(P.49)
 ……メイクアップやフルスクラッチで作る場合、ワークスはUGNチルドレン、カヴァーは学生であることが最も適当です。シンドロームは特に何でも問題はないと思います。女性キャラである必要もないです……や、雰囲気の問題でどうかは知りませんが。
 役柄的に情報収集やら何やらを単独行動で行うことになりますので、それなりに「仕事慣れ」しているキャラとしたほうがイメージに合うと思います。
 役どころは多分、影の功労者。脇役スキーに良い枠かと。


 さ、今週中にシナリオあげるぞー。
[PR]
by ikapon24 | 2005-07-13 03:22 | TRPG打ち合わせ関係
 ガープスがやりたくなってきたんですけど、誰かやりません?(笑)
 や、僕GMやるですよ。
 文明レベル3で魔法があればいいんですが差し当たりルナルしか統一法典がないのでルナルで。

 ……と、言うところまではいいのだけど。
 さて、実現のためにはどうしたらいいのか、最近皆目見当がつかないのでーすよー。
 人集め、日取り、場所、シナリオ作り……遊ぶまでに難関が多いですよコラー?(最後マテ)
 どうせならへクスでやりたいし、となるとオンラインセッションというわけにもいかないしのぅ。

 誰か画期的な案をプリーズ♪


 ちなみにキャラクター作成への制限とか注意点とかこんなん。
 1.スケイルアーマー以上の鎧は基本的に着ないでください(両手武器等の事情で特に防御力が低いと思う場合は例外的に可とす) チェインは普通に可ですが、敵が刺し武器ばっか持っていても怒らないでね♪
 2.呪文は最大16レベルに抑えてください(GMは無闇に強力な抵抗型呪文が嫌いです)
 3.きっと盾破壊ルールを使います。……さてシールドバトンとバトルファンとシャストアマントはどうしましょう?
 4.事前に作ってもらったキャラを確認してから敵を作ったりします。……ほら、《透明》持ってたら敵に《透明看破》持たせるとか、超フェンシング受けがいたらフレイル武器持たせるとか(GMは嵌め技やツモ技が嫌いです) や、特に問題なさそうな能力にまで敵に対応能力持たせるような真似はしないので御安心を。
 5.その他何かの思惑で提出してもらったキャラに修正要求を出す場合がございます


 ……結局、こんなやり方がベストだったりするのかなぁ。
[PR]
by ikapon24 | 2005-06-25 01:26 | TRPG打ち合わせ関係