ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

[哲学]人は「自分は悪くない」と考えたがる生き物である

 そんなとき、私たちがまずすべきことは「自分は悪くない。何故なら…」「相手の方が間違っている。何故なら…」と考える、その思考を止めようと意識することだ。
 その思考は非生産的だからだ。あなたに精神的安息をもたらすこともない。あなたの立腹状態を何度もループさせるだけだ。

 私たちがすべきことは、常に「ならば、自分はどうするか」を考えることだ。
 相手が悪かろうが、自分が悪かろうが、あなたが今置かれている状況はそういう状態なのだと、まず一度受け入れる。
 その状態が、今後あなたにとって改善されるか、より悪くなるのかは、あなたがこれから取る行動によって変化する。
 そういった意味で、私たちは自分の行動に責任をもつべきだ。
 ほかならぬ自分自身のために、今、何をするのが最善なのかをよく考えるべきだ。

 「自分は悪くない」から思考をスタートすると、この最も重要で当たり前な思考の道筋を、見失う。



 ……とまあ。
 『7つの習慣』をはじめとした、いくつかの啓蒙系の本にわりと共通して書いてあったことの1つを、自分なりに解釈してまとめてみた。
 自分がこの考えを実践できているかどうか、というとまだ5割に満たない程度の気もするが、少なくとも1年前の自分と比べれば格段に良くなってきているのではないかと思っている。
[PR]
by ikapon24 | 2009-04-12 01:58 | 日常