ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

[ソードワールド2.0]俺の考えた戦闘特技を見てくれ

《重武器装備》
前提:ファイター技能レベル1以上
使用:フェンサー技能
概要:重い武器を使って、フェンサー技能で戦うことができるようになります。
効果:自分の筋力(筋力の半分ではなく)までの必要筋力の武器を装備して、フェンサー技能で戦闘を行うことができるようになります。
 通常のフェンサー技能での戦闘と同様、武器のクリティカル値は常に1点減少します。ただし、この戦闘特技によって筋力の半分より重い武器を使用する場合、命中力には-1のペナルティ修正を受けます。
 この戦闘特技の効果があるのは武器だけで、鎧や盾に関しては通常のフェンサーの制限に従わなければなりません。

《重装格闘》
前提:ファイター技能レベル1以上
使用:グラップラー技能
概要:通常よりも重い鎧を装備しながら、グラップラー技能で戦うことができます。
効果:グラップラー装備可能と明記されていないカテゴリ〈非金属鎧〉の防具を装備していても、グラップラー技能で戦うことができるようになります。装備できるのは自分の筋力までのものに限られます。

《重装格闘Ⅱ》
前提:ファイター技能レベル2以上、《重装格闘》
使用:グラップラー技能
概要:更に重い鎧を装備しながら、グラップラー技能で戦うことができます。
効果:カテゴリ〈金属鎧〉の防具を装備していても、グラップラー技能で戦うことができるようになります。装備できるのは自分の筋力までのものに限られます。

《攻魔連携》
前提:なし
使用:-
概要:近接攻撃と同時に魔法を使用します。
効果:補助動作として宣言が必要になります。「全力移動」「通常移動」を行なうと、この戦闘技能は使えません。
 その手番では2回の主動作を行うことができます。ただし、そのうち1回は近接攻撃、もう1回は魔法の使用でなければなりません(どちらを先に行なっても構いません)。
 1回の手番に宣言が必要な戦闘特技は1つしか宣言できないため、《魔力撃》や《魔法拡大/**》などを同時に使用することはできない点に気をつけてください。

《投擲強化》
前提:ファイター技能レベル1以上
使用:シューター技能
概要:武器投擲についての専門的な技術を身につけます。
効果:カテゴリ〈投擲〉の武器を使った射撃攻撃で、命中力に+1、追加ダメージに+4のボーナス修正を得ます。
 ただし、この戦闘特技を採用する場合、装備している武器のほかにキャラクターが所持可能な武器の量には制限がかけられます。装備しているもの以外で、所持している武器の必要筋力を合計した値が、キャラクターの筋力を超える量の武器を所持することはできません。

《剛連撃》
前提:なし
使用:ファイター技能
概要:必殺の一撃を成功させた勢いに乗り、続けざまに攻撃を行ないます。
効果:ファイター技能を使った近接攻撃のダメージ決定でクリティカルしたとき、そのダメージを通常通り(クリティカルの効果を適用して)算出した後に、同じ手番でもう一度、同じ武器で同じ対象に近接攻撃を行なうことができます。
 《両手利き》などによりもともと複数回攻撃を行なえる場合、処理の順番は、《剛連撃》による追加の攻撃の処理を先に行ないます。
 この戦闘特技の効果が発生するのは、1回の手番につき一度だけです。

《飛燕連脚》
前提:冒険者レベル5以上、グラップラー技能レベル1以上
使用:-
概要:武器攻撃と蹴りをミックスした戦闘術を身につけます。
効果:ファイター技能やフェンサー技能で近接攻撃したときにも、グラップラー技能による《追加攻撃》を行なうことができるようになります。
 このファイター技能やフェンサー技能による近接攻撃は、片手武器に限られず、どのような武器を使用していても構いません。
 グラップラー技能による追加攻撃の武器は必ず、〈キック〉か、足の格闘武器を使用しなければなりません。この追加攻撃は、通常グラップラーが装備できない鎧や盾を装備していても行なえます(グラップラー技能によって命中力や追加ダメージを算出できます)。
[PR]
by ikapon24 | 2008-06-06 13:08 | ソードワールド