ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

相棒・劇場版(ネタバレ)

 見てきました。

 これがTRPGのシナリオだったら、プレイヤーとしてはちょっと納得がいかん気がするというのは期間限定ちゃと一緒(笑)
 それだけの情報でそんなん分かるわけねぇだろってのに右京が気づくのは天才補正が入っているからいいとして(きっと〈推理〉技能の判定に成功したらGMが答えを教えるんだよ──それが面白いかは別として)。

 チェスとか最終的に全然意味ないじゃん(笑)
 主人公たちのアクションが9割方、結末に対して意味を為してないし。
 作品の9割は主人公たちが翻弄される場面で構成されています。
 無駄足9割、残りの1割で結果が得られれば上等というのは実際のところリアルかもしらんけど……、物語作品としてそれはどうなのか。

 というか、主人公が脳筋の人だけならまだいいんですよ。
 とても頭の良い主人公が「これは…こういうことだったのです!」と言って、脳筋の人が「ナ、ナンダッテー!?」と言って、脳筋の人が行って戻ってきたら「先ほどのは実はフェイクだったのです。本当は…」「ナ、ナンダッテー!?」(以下ループ)という流れがどうにもこうにもスッキリしないというか……演出力を無視して見たら、右京さんは絶対、二流のインテリキャラになり下がる。主人公の立ち位置じゃない。
 モヤッと、モヤッと(モヤッとボールを投げる)


 「選んだ方法は間違っています」と言いながら、その行動が結果として報われてしまうのは、常識的に考えるとどうなのかなーと思う。
 祟り殺し編の圭一みたいなもんだが、あれの圭一は最終的に報われてないからなぁ。
 そういえばルルーシュって作者から否定されてないテロリストなんだな、とか関係ないこと考えた。

 まあ、僕がシナリオ作ったら、まずい部分に気がついて、でも直す方法が見つからなくて、頭抱えて考え込んで、そのままずるずるお蔵入りというパターンだな(笑)
 世に出た作品は世に出なかった作品よりも必ず偉いから、まあ、偉い。


 で、最後の「この映画はフィクションです」に噴いた(笑)
 その後に「実在の事件・人物などとは一切関係ありません」とかいったお決まりの文句が付いてないのは意図的かな。
 一切関係ありませんと断言してしまうと、作品のメッセージ性に影響があるから。
[PR]
by ikapon24 | 2008-05-11 15:55 | 日常