ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

日記 2007.5.19.Sat

 昨夜の勤務明けあたりから喉が痛い。おそらく扁桃腺がやられている。
 特に風邪をひくような生活をしていた記憶はないが、そういえば最近、栄養に気を使った食事をあまりしていなかったなと、手の中指の爪を見ながら考える。

 何で見たのだか、ここ最近の栄養状態は中指の爪を見れば分かるという。
 爪の成長には、体内で一番最後に栄養が回されるため、栄養状態が悪い日が続くと爪がガタガタになるのだという。特に中指の爪が顕著なのだそうだ。
 見たところ僕の中指の爪は、わりとガタガタだった。
 やはり牛丼メインの賄いには無理があるのかもしれない。お新香などで野菜分はカバーしているつもりだったが、以前の生姜焼き定食・けんちん変更をベースにしたほうがいいのだろうか。
 しかし賄いで牛丼を食べていないと、うまい牛丼が作れているかという定期チェックができなくなるという欠点がある。難しいところだ。

 うまい牛丼と言えば、やはり牛丼のタレ味が薄くなるのは、重石が主な原因と見てほぼ間違いなさそうだ。
 というのも、セール中は重石を使っていなかったが、その間普段よりも入客増していたにも関わらず、十分に濃いタレだったからだ。
 水分蒸発量の問題なのだろう。重石を使っていないと濃くなりすぎるというのも、今の入客数なら分からんでもないのだが…
 そういえば昨日は、つゆ抜きの比率が高かったように思う。セール中のタレ味を前提にしたら、そういうチョイスになるだろう。
 とは言え「タレ味が薄めになっておりますが」と言うわけにもいかず。重石を使用してタレ味薄めの牛丼をつゆ抜きで盛るのは、若干忍びなかった。

 さてとりあえず、なのはStraikerSを見た後に、近所のコンビニに行って「野菜の煮物盛り合わせ」と「納豆巻き」、それに「龍角散ののど飴」を購入&摂取。栄養を取って、治療をしたつもりになってみる。
 5時頃に寝て8時頃に目を覚ます。
 喉が痛いので目を覚ましたようだ。龍角散パワーで簡単に治ってくれるというわけにはいかなさそうだ。

 喉が痛いだけなら我慢すればいいと思っていたのは2~3年前。
 そんなことをやっていたら、見事に発熱や嘔吐等の症状を併発してから、扁桃腺には気をつけるようになった。

 龍角散パワーと、あとは栄養をきちんととって寝ていれば治るだろうか。
 内科医の爺様から、うがい薬をもらって来ないとダメだろうか。
 うがい薬は、あの味がどうにも苦手である。もちろん、必要ならそんなことは言っていられないが、使わなくて済むなら爺様の手を煩わせることもないし、それに越したことはないのだが…


 で、結局、診てもらいに爺様宅まで。
 まずうがい薬で治すというのが根本的な勘違い。薬(抗生物質)を飲む必要があるようだ。
 風邪を治すために雨に降られるという本末転倒なこともあったが、これで一安心。
 幸いにも休みの日に患ったので、薬を飲んで2日間、ゆっくり養生すれば治ってくれるだろう。
[PR]
by ikapon24 | 2007-05-19 08:47 | 日常