ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

狂人の手記

 狂っている精神状態で書く記録は貴重であると思うため、ここに残しておく。
 ちょっとあまり見ないほうが賢いかもしれない。
 可哀想な人を見て、どうにかしてあげなきゃと思う人とか、心を痛めてしまう人とか、心配してしまう人とか、真剣に考えてしまう人とかは見ないことをオススメ。というか見ないで。
 マイナス思考も場合によってはある種の芸術だと思える人とか、何事も教養だと思える人は見るとよいです。

 書いてみると、狂気というよりただの酷い駄々っ子だなぁ。やだやだ、泣きそう。


 マイナス思考のスパイラルが来た。
 胸が苦しい、切ないというのだと少し違う、胸の中が空虚というのが一番近い。そんな感覚を味わったことがある人がいるだろうか。
 「死にたい」というところまで行きついたのは高校終了前、就職を悩んだとき以来だと思う。
 わりと最近近い状態までは来ていたが、ここまで来たのはまあ、ある意味興味深い。

 死にたいと言うと厳密には違う。
 生きることの糧、端的に言うと楽しみだが、それがまったく見当たらなくなり、つらいことだけが残っている現在と未来しか見えなくなる状態。
 だったら死んだほうが楽という気持ちになるということ。

 そういう意味では今は完璧にその状態ではないから大丈夫だというのは自分で分かる。
 冗談みたいな話だが、死ぬ前にミンストレルソングをやりたいという気持ちが残っているから、多分それをやれば復活するので、今回は大丈夫。
 とりあえず15日すぎたらやろう。1ヶ月以上も精神もたねーや。

 試験、落ちたらどうしよう、どうしようというか、落ちたときの周囲の人の目が怖い。泣きたくなるぐらい怖い。もう人生やんなるくらい怖い。
 多分実際落ちてみりゃあどうってことないのかもしれないが、想像の産物というか、実体のない「恐れ」というものは、往々にして現実より怖い。
 人の目気にしていろいろやるの嫌だよもう。TRPGもだめ。誰もいないところで一人でゲームやりたい。やりたくないことやりたくない。
 やらなきゃいいやん? 無理。そんなの無理。できるわけない。今そんなことしたら絶対後悔する。自己弁明が効かないぐらい後悔する。それにそんなことしたらどんな風に見られるか。
 侮蔑されたくない。軽蔑されたくない。計算高い嫌なやつと思われたくない。同情を誘っていると思われたくない。それを全部回避できるほど、自分は嘘がうまくないし器用でもない。
 でも努力したくない。頑張りたくない。幸せになりたいけど、頑張りたくない~♪

 本当にこのメンタルの弱さと自分の内面の醜さはどうにかならんものか。
 他人に対する軽蔑と侮蔑と優越感を糧に精神を保ってる部分が少なからずある。
 だから自分の心の中での自分の他者への優位が崩れると精神全体がガラガラと崩れていく。その上に立っていた自分は奈落まで真っ逆さま。

 内面から綺麗な人間というのは本当に羨ましい。
 友人で2人ほど心当たりがある。裏表くらいはあるだろうけど、きっと裏もよっぽど綺麗。
 本当にあいつらは羨ましい。嫉妬はしない。ただ単純に羨ましい。自分もああありたかった。
 だって、取り繕うの大変だよ。取り繕ったって見える人には見えているの分かるし、要するに軽蔑されてしまうのが分かるし、そもそも取り繕う作業自体楽しくないもの。できればやりたくないもの。

 みんななんでそんなに立派なの?
 そんなに格好よく生きないとダメ? 僕もそんなに立派でないとダメ?
 無理だよ。だって僕もともと醜いんだもの。自分を表に出さないで生きるのなんて楽しくないもの。でも、そうは思っても怖い。こういう姑息な手段で、少しずつ切り崩していかないと。
 もうよいよ。姑息で。言っている自分に酔った人でも良いよ。知らない。


 以上。
 半眠状態も手伝わないとここまでラリったというか、ここまで露骨にうざったい文章は書けないね。
[PR]
by ikapon24 | 2005-05-11 04:27 | 日常