ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

ちょっぴり新鮮だった

 知らない人からマイミク申請がありました。

>メッセージ:
>なんか共感できそうなのでマイミクしませんか?
>私面白いので絶対損はさせませんよ?

 相手方のところ飛んでいろいろ読んでみると、鬱でヲタなキャバ嬢のようでした。


 ううむ、これ、その手の人の新手の戦術としたら、鬱ヲタのツボを突いた見事としか言いようのない攻め方だと思います。
 でも、(相手の工作能力に僕の洞察力が負けていなければ)どうやらナチュラルにそういう人のようなので一安心。

 で、ちょっと考えて、やっぱり拒否りました。
 マイミクごとき特に気にすることもないし、仮に本当に好意で申請してきてくれたとしたら蹴るのも悪いかなぁという気もしたのですが……なんとなく怖かったので。
 キモヲタ死ねとか言ってるのも受け付けなかったけど。自分もファーストコンタクトの仕方を間違えると、明らかにキモヲタ扱いされる人間ですからね。ていうかキモイって言葉嫌い。

 自分は考えすぎで、普通の人は躊躇なく蹴るのかもしれんなぁなどと考えたりも。


 しかし気になるのは、どうして自分が目をつけられたのかなぁということ。
 拡散粒子法よろしくばら撒いているのならいいんだけど、本当に共感されたのだとすると、ミクシィのプロフィールページあたりに滲み出ているんでしょうか、鬱ヲタっぽさが。
 最近はそういうことなるべく(まったくとは言わない)書かないようにしてたつもりなんだけど……ええ、確かに最近、メンタリティが常に生死の狭間にいる感じはしますよ。
 そう言ってる奴は死なないんだってのが当て嵌まるレベルですが。うん、だから昔の一時期よりはひどくない。

 東京広告機構か何かのCMで「命が大事と何万回言われるより、たった一度、『あなたが』大事と言われれば生きて行ける」みたいなのがありましたけど、大部分の自殺志願者に当て嵌まると思いますよ。
 ただし、本音で言ってもらえればね(笑)
 でも常識的に考えれば、そんなの、甘ったれるなって話でしょ。僕が他人だったら間違いなくそう言う、いや言わないにしても思う。
 人から愛してもらいたければ、人から愛されるような人間になれるように努力すればいいじゃないって。
 正論だとそうなりますから。
 でも人間ってそんなに強くなくちゃ生きていちゃいけないのかな、なんて思ったりも。


 ああ、いかん、時間です。仕事行ってきます。
[PR]
by ikapon24 | 2006-06-15 16:37 | 日常