ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

続・アリアン構想──死亡ルール

素晴らしい案を思いつきましたよ。

--------------------------------------

キャラクターは[戦闘不能]になると[フェイト]を失う。
[フェイト]を何点失うかは、超過ダメージ(ダメージがキャラクターの【HP】を何点上回ったか)の大きさによる。
超過ダメージが0~19点なら1点の[フェイト]を失う。
超過ダメージが20~39点なら2点の[フェイト]を、40~59点なら3点の[フェイト]を、以下超過ダメージ20点ごとに余分に1点の[フェイト]を失う。

[フェイト]が1点も残っていない状態で【HP】が0になると、キャラクターは[死亡]する。
また[フェイト]が残っていても、[フェイト]がマイナスになるような超過ダメージを受けた場合、キャラクターは死亡する。

またこのルールの元では、キャラクターに[とどめを刺す]ことはできない。
ただし[戦闘不能]状態のキャラクターが何らかの原因によって1点以上ダメージを受けると[フェイト]が減少し、それによって[フェイト]がマイナスになるようなダメージを受けると、キャラクターは[死亡]する。
受けたダメージが1~20点なら1点の[フェイト]を、以下ダメージ20点ごとに余分に1点の[フェイト]を失う。
この[フェイト]を減少させるダメージを与える行動に、殺意の有無は関係ない。偶然、範囲効果を持つスキルに巻き込まれて[死亡]することもある。

--------------------------------------

アンリミテッドサガのLPみたいなイメージで。
これならアンラッキーによる理不尽な突発死は(少なくともシナリオ序盤では)ないし、一方でトラップに引っかかって命を削られるようなイメージを味わうことが出来る。
しかも迂闊にフェイトは使えなくなるんで、ふらふらといろんなクラスに行って自動取得スキルを掻っ攫ってくる作戦が使いづらくなりますよ。うひひ。


つまり。
フェイト(運命)に護られているうちは、キャラクターは死なないのだ!(どーん)


むしろこのルール使えば、HP回復スキルに対する制限はいらないかもなー。
[PR]
by ikapon24 | 2006-02-24 04:09 | RPGその他