ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

お酒

 吉野家つながりでマイミクのドクターk氏から酒豪バトンなるものが回ってまいりました。
 しかし私は酒豪でもなければ、本気で酔ったことも一度ぐらいしかなく、バトンに書く内容がほとんどありません。
 ですのでバトンの受け取りを拒否しようと思いました。
 ずーっと前の修行さんからの印象バトン(書くと非常にイタイもの出来上がるに違いないので却下)が、つい最近のあみ者からの小物バトン(身に付けている物には頓着しないので書いても自分が面白くない)と、バトンスルーは常習犯なので今更どうということもありません。

 けれどお酒そのものについては思うところがあるので、この機会にふと書いてみようと思います。

 私は別段、アルコールに弱いほうではないようです。
 ただ、基本的に友達と飲みに行っても酔っ払うほど飲みません。
 なのでお酒を飲む楽しさというのがいまいちよく分からないのです。

 もちろん酔っ払うほど飲まないのは、自分でそうしているからにほかなりません。
 気持ち悪くなるほど飲んで吐くのはやりたくないですし、それで一緒に飲んでいた人に迷惑をかけるのも御免です。
 二日酔いも体験したことはないですが、体験しないに越したことはないと思っています。

 ついでに言えば、「割り勘なんだから飲まなきゃ損」という考え方が嫌いでして。
 そんなこと言っては山ほどのお酒を頼んで、無理に飲んで、あまつさえ気持ち悪くなっては周りの人に迷惑をかけるという人を見ていると、ああはなりたくないなあと思ってしまうわけです。
 それで最終的に頼んだお酒が残っているのを見た日には、お前何してんのと。基本的に貧乏性なもので。

 ですのでお酒は酔うほど飲まない、それが俺のジャスティスだったわけなのですが。
 最近思うのが、それって自分、お酒飲みに行っている意味あるの?ということで。
 つまり私にとって飲み会というものは、単に食べ物と飲み物を広げて友人と喋るための時間でしかないのです。
 だから久しぶりに会って話したい人とかがいると俄然行く気がアップするのですが、とくに話したい相手もいないとさっぱり行く気がなくなったりします。
 いや、わりと誰にとってもそんなものなのかも知れないですが……しかし、少なくとも「お酒が好き」という人たちは、違う楽しみ方をしているのではないかと思うのです。

 お酒を飲む=酔っ払う=楽しい

 という構図の真ん中が抜けているせいで、飲み会というものの本来の楽しさを逃してしまっているのではないかと。
 そこらへんどうなんでしょう、俗にお酒好きとか酒豪とか呼ばれる方々。
 え、これなに、問いかけなの?
[PR]
by ikapon24 | 2006-01-23 16:30 | 日常