ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

破界篇縛りプレイ記(4)

 39話終了。ファーストプレイに追いついた。
 SRポイントは27。もうHard入りとか超無理。
 ユニットの改造段階は、現在2~3段階の途中。あと2~3マップぐらいクリアすれば3段階改造が完成しそう。

 本来想定されていないバランスのはずなのに、意外に楽しめているのが面白い。
 やっぱり敵の反撃がそこそこ怖いバランスのほうが、ゲームとしては面白いと思う。この縛りプレイは当たりだ。

 通常プレイのときとは違うプレイ感があって、その中で燦然と輝くユニットが出てくるあたりも面白い。
 マクロスクォーター、デスサイズ、デュナメス、ヴァーチェっていうかティエリアあたりは戦術的にすごく頼りになる。ひらめき系が使えない環境だと、ガンダム系ユニットの装甲とHPが頼もしく感じられる。
 キングゲイナーはオーバーフリーズバレットの性能が異常な上に、オーバースキル発動したら鬼神。
 SEED連中はVPS装甲のおかげで驚愕の安心感。武器にも隙がない。SEED発動したら鬼神。何こいつら意味分かんない。
 ルルーシュの隣に置いた紅蓮弐式は、指揮官と信頼補正のおかげで恐ろしく頼れるユニットと化す。
 ビッグオーはサドンインパクトが陸Sなので、次元獣戦での信頼感は抜群。

 戦闘アニメーションを見る機会も、ファーストプレイより多くなった。
 戦術に気持ちが乗るため、ここ一番のシーンではアニメーションを見たくなる。
 HP6000ぐらい残ったブルダモンにサドンインパクトを撃つときとか、マジ燃える。ビッグオー、ショーターイム!
 多分いける、はず、というギリギリ感が愉快。ダメージ予測が出ないのは、これはこれで楽しみになるんだなぁと。
[PR]
by ikapon24 | 2011-05-22 17:20 | 日常