ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

[徒然考]魂の形と芸人さん

 自分で考案した言葉なのか、出所はよく覚えてないのだが、最近思考の中で「魂の形」という言葉を連想することが多い。
 若干電波な感じのする言葉である。

 昨日『たけしの教育白書』を見ていて、やっぱり俺、たけしさんや爆笑問題の太田さんとは魂の形が似ているな、などと思ったりしていた。
 ほかにもダウンタウンの松本さん、アンガールズ田中さんなんかに親近感を感じる。
 この人らの言葉っていうのはもうとにかく共感できることが多いし、言葉の1つ1つを興味深く感じる──まあ、下ネタはともかく。

 一方、ほかにも人間として凄いなーと思う芸人さんはたくさんいる。
 紳助さんやさんまさんはすっごい頭の回転速いしセンスもあるなと思うし、そういう点ではくりぃむしちゅーの上田さんや、ロンドンブーツの淳(なんかこの人にさん付けると変な気がするな…)にも似たような気配を感じる。
 タイプは違うが今田耕司さんや、昨日見ていた中では品川庄治の品川さんなんてのも、ものすごく頭がいいし器用だと思う。
 品川さんは口を開けば、真面目な話でもすごい丁寧なコメントをしていたし、真面目な話の最後には必ず面白いことを言っていた。もう凄いとしか言いようがない。

 ……のだが、この手の人たちは「凄いなー」とは思うけれど、ものすごく、自分とは魂の形が違うように感じる。
 絶対こうはなれないなと思うし、そりゃあこうなれたらいいなとは思うけど、もっと現実的に、こうなりたいなとは思わないのだ。

 一方、魂の形は違う気がすれど、「こうなりたいな」と思うような芸人さんもいる。
 筆頭がウッチャンナンチャンの(と言うと今や変な気はするが)内村さん。
 あの人の朗らかな感じがしつつ、かつ本当に面白い笑いの作り方は、まさに尊敬に値する。
 基本的に他人を扱き下ろして笑いを取ることをしないし、あまり下品な話もしない。見ていてホッとする、安心できる笑いだ。
 (紳助さんやさんまさんの他人を弄るタイプの笑いは、まあ弄られる本人が納得しているならいいかとは思うものの、やっぱり本質的にあまり好きではない。)

 ……が、まあ、自分は(贔屓目に見ても)爆問太田さんタイプだなとは思う。
 完全に諦めるわけではないが、おそらく、内村さんには辿り着けまい。

 その形は、ものすごく器用なわけではないと思うし、ものすごく頭の回転が早いわけでもないと思う。
 しかし根っこでは色々と考えていて、常に思考を熟成・進歩させている。
 一般に正しいとされていることを容易に信用しない。なんかおかしいぞと直感が言ったならば、とことん自分の頭で考えている。
 そしてとにかく尖っている。当たり障りのないことはまず滅多言わない。
 だからその一言一句に期待してしまう。この連中の「真面目な話」は面白いのだ。
 ぶっちゃけ、笑いですらその真面目な話の延長なのではないかと思う──まあ、下ネタはともかく。

 昨日、太田さんが話していたところを若干遮って良純さんが何か喋ったら、太田さんが「うるせー、黙ってろ!w」みたいなことを言って良純さんから顰蹙を買っていたが、ありゃあ、あんな面白くもない発言で太田論法を遮った良純さんが悪い。
 遮ったとしても、もっと面白いことを言っていれば、太田さんもあんなことは言わなかったはずだ。
 (それはプロの芸人としてどうなの?という問いに対しては、ガダルカナルさんがすごく適切なことを言っていたが、あの連中は「生放送には向かない」のだ)

 良純さんが「太田さんのそういうところは本当良くないと思うよ」と生番組にもかかわらずガチ抗議していたが、違うのだ。
 魂の形の違う者には分からない「在り方」がある。そのように思う。 
[PR]
by ikapon24 | 2009-11-23 12:53 | 日常