ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

睡眠90分周期の誤謬

 「人間の睡眠はおよそ90分周期になっているので、90分単位の睡眠時間で起きれるようにタイマーをセットしておくと寝起きが良く、すっきりと起きられる」という論説が、わりと一般的に広まっていると思うのだが。
 個人的には、これに納得がいっていなかった。

 何故なら、自分の睡眠リズムがそれと若干外れる傾向にあるからだ。
 7時間半よりも8時間とか8時間半で起きることのほうが多いし、6時間よりも6時間半で起きることのほうが多い……気がする。
 ちなみに今日はほぼ5時間ジャスト。

 およそ90分周期。それはいい。おそらくその通りなのだろう。
 でも、ゆえに90分おきの睡眠時間を確保するべきだというのは、本当に妥当なのか?

 およそ90分の「およそ」の部分の精度はどのぐらいなの?
 その辺に間違いがあるんじゃないの?
 ていうかそもそも個人差とかあるんじゃないの?

 そんな疑念をずっと抱いていた。

 今週の「東洋経済」という雑誌が睡眠特集をやっていたのでつい買ってみた。
 そこの記事やグラフを見て「ほらぁ!」と思った。
 そもそも個人差はあるっていうし…

 ネット上にもほぼ同様のグラフがあったのでこちら

 確かにざっと見、90分周期。
 でもよく見ると、例えば6時間ジャストのタイミングにはレム睡眠に入っていない。

 皆さん、付け焼刃の知識には注意しましょう。
[PR]
by ikapon24 | 2009-07-27 20:43 | 日常