ブログトップ

Stray thoughts

ikapon.exblog.jp

随想。あるいは道に迷った思考。

[TRPG話?]発想なんてのはチンケなものだよ

 この記事には金剛番長(と黒子のバスケ)に関する重要なネタバレがわずかに含まれています。
 ジャンプベースで追っていない人は回れ右。
 (金剛番長はジャンプじゃないという出鱈目)


 今日のマイ発言。

 「発想なんてのはチンケなものだよ。ナンセンスと同義さ」

 我ながら良いことを言ったと思う。


 さて、発想力不足に定評のある僕こといかぽんなのだが、別段発想力がある人を羨ましいと思うこともあまりない。
 というか、卵が先か鶏が先か。
 突発的な「発想」というものに、往々にして魅力や価値を感じないのである。

 それでも最近、「この発想力は凄いなぁ」と思うこともあって、何かと言えば金剛番長。
 「金剛類」見たときには本気で作者を尊敬した。
 あまり関係ないけど、今週(だっけ?)の「許さん!」もマジ噴いた。
 あの作者絶対バカだ。

 しかしこういうのって、発想することそのものがなければ出発できないのはもちろんとしても、肝要なのはその先で、「それが読者の度肝を抜くかどうか」という判断力、もっと言えば読者への共感性こそが重要なのではないかと思うのである。
 つまり、まったく独りよがりで突飛なだけの発想なんてものは、バクテリアの餌にもならない、とるに足らないものでしかないと思うのだ。
 (個人的には『黒子のバスケ』の「コート全体がシュートレンジ」は死ぬほど頭悪いと思ったんだが、インパクトも話題性もなかったよなぁ…)

 ところで、こういう考えって「発想」のうちに入らないのかなぁと、疑問に思ってみたりもする。
 そんな明け方でした。
[PR]
by ikapon24 | 2009-07-26 03:23 | 日常